2011年7月21日(木)愛知芸術文化センター・財団法人愛知県文化振興事業団主催 東北復興支援チャリティー・コンサート『とどけ!あいちの祈り、音の翼にのせて―<愛知県立芸術大学>にゆかりあるアーティストとその仲間たち』


愛知芸術文化センター・財団法人愛知県文化振興事業団主催による
東北復興支援チャリティー・コンサートのお知らせです。

私は、企画・製作と当日の司会を致します。


愛知県立芸術大学の在学生、卒業生、名誉教授を中心に、
今回の企画に御賛同くださった愛知を中心に活躍する新進気鋭アーティストが
東北の文化・芸術復興支援のために立ち上がりました。


それぞれが日本を代表する実力者になるであろう演奏家たち。
忙しいスケジュールのなか、チャリティーという目的を持った今回の演奏会のために、
全国各地、そしてウィーンから駆けつけてくださいます。

プログラムは、震災でお亡くなりになられた方への哀悼の意を表すとともに、
復興への祈りを込めた、輝かしく、力強い、<再生>の音楽をお届けしたい、
そんな気持ちを意図したものです。

東北の芸術復興への祈りを込めた魂が奏でる音。

聴き応え十分の演奏会になると思います。
どうか、皆様お誘い併せのうえ、ぜひ御来聴いただきたく存じます。


公演詳細は下記に記しますが、
先ずは、ざっと演奏者と公演の見どころなどをご紹介します。

前半は、ソリストによる宴です。

冒頭、ピアノソロを演奏していただくのは、このブログでもおなじみの大瀧拓哉さん。
現在愛知県芸が誇る世界に最も近い優秀な学生と言っても過言ではありません。
彼には、ショパンの<アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ>を演奏いただき、
情熱的かつ華麗に演奏会の幕を開けていただきます。

続く、トランペットの稲垣路子さんは、日本を代表する2大コンクール、日本音楽コンクール、日本管打楽器コンクールを征したツワモノ。オルガンの吉田文さんと注目の共演です。


マリンバは池永健二さん、2007年にアリオン賞を受賞し、これからの活躍がますます期待される長身過ぎる打楽器奏者。マリンバで、歌い語ることができる若手の実力者です。
池永さんのソロの後、同じく日本を代表する若手マリンバ奏者、神谷紘実さんにご登場いただき、マリンバ界の若手実力者お二人による贅沢なマリンバ・デュオが演奏されます。


ソプラノの吉田珠代さんは、昨年欧州でオペラ・デビューを果たした若きプリマ。今、彼女は恐ろしく伸び盛りで、個人的にも今後の更なる活躍を期待しています。名古屋でソロを聴ける機会は稀少。
吉田さんには、被災でお亡くなりになられた方への哀悼の念を込めた選りすぐりの3曲を演奏いただきます。
1曲目は、ここ数ヶ月でさらにメキメキと実力を上げてきている期待のピアニスト盒響甬子さんとともに、歌われる機会の少ない中田喜直の名曲を(私の熱望により)演奏いただきます。
続いて再び吉田文さんにご登場いただき、フォーレのレクイエムからピエ・イエズを、
3曲目には稲垣さんにも再びご登場いただき、ヘンデル作曲オラトリオ《サムソン》からソプラノ、トランペットともに超絶技巧を要する輝かしいアリアを。本当に贅沢なプログラムです。


そして前半の最後は、
愛知県立芸術大学名誉教授、ヴァイオリンの服部芳子先生にご出演いただき、学生時代からアンサンブル奏者としても絶大な支持を集めていらしたピアニスト掛川遼平さんとともに、R.シュトラウスの名曲、変ホ長調のソナタを演奏いただきます。
私も、客席で聴きたい・・・。


後半は、
2006年ドイツ全音楽大学・指揮コンクールを征し、マーラー作品の優れた解釈や、『のだめカンタービレ』の指揮指導などでも知られる、名古屋出身の日本を代表する若手実力者、マエストロ角田鋼亮さんにご登場いただき、愛知室内オーケストラとベートーヴェンの第7番交響曲を演奏していただきます。

愛知室内オーケストラは、地元愛知に根付き、良質の音楽や、機を捉えた素晴らしい企画公演を真摯に届けている団体です。大所帯ながらに、音楽家が忘れてはならない姿勢を頑として守っている敬服すべき音楽家集団で、今後の中部圏の音楽文化を担う、というか文化振興のためには欠く事の出来ない存在でしょう。今回は、演奏だけでなく、資金的な面でもこの企画に貢献下さっております。


力強く、情熱的な指揮に定評がある角田さん。
絶望の淵から立ち上がったベートーヴェンの聖なる舞踊の音楽、第7番交響曲。
角田さんの力強いタクトに導かれ、愛知室内オーケストラが奏でる被災地への祈りは、音の翼にのって会場を満たすことでしょう。

7番に続き、県立芸大声楽専攻大学院生、卒業生を中心にしたメンバーにより優れたコーラスを披露してくれるでしょう愛知県立芸術大学BMKChorが『主よ人の望みの喜びを』で知られるバッハのカンタータ第147番のコラールを。

公演の最後には、
愛知県立芸術大学名誉教授、チェロの天野武子先生にご登場いただき、
平和活動を終生行った音楽家として名高いチェリスト、カザルスが平和の為に奏でた名曲<鳥のうた>を演奏いただきます。


贅沢すぎる内容です。


そして、驚くことに・・・・公演は無料です。


会場で皆様より義援金を募りたいと思います。
頂いた義援金は、芸術文化支援を目的とし、企業メセナ協議会の東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンドを利用し全額寄付いたします。


また演奏に加えて、当日皆さんにお配りするプログラム内に、今回被災に遭われた愛知県芸弦楽器専攻(チェロ)の卒業生で現在、福島県在住の福島大学人間発達文化学類教授および福島大学附属特別支援学校長の金谷昌治先生より頂いたお言葉を掲載する予定です。




どうか皆様お誘い併せのうえ、ぜひ、お出かけください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ <公演名>

東北復興支援チャリティー・コンサート
とどけ!あいちの祈り、音の翼にのせて
―<愛知県立芸術大学>にゆかりあるアーティストとその仲間たち


<開催日時>
2011721日(木) 18時開場 1845分開演  


<会場>
愛知県芸術劇場・コンサートホール
会場へのアクセス
http://www.aac.pref.aichi.jp/frame.html?gekijyo/guide/c_holeg.html



<入場料>
無料
会場内で義援金を募ります)

頂いた義援金は芸術文化支援を目的とし、企業メセナ協議会の東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンドを利用し全額寄付いたします。



<主催>
愛知芸術文化センター
財団法人愛知県文化振興事業団 
http://www.aac.pref.aichi.jp


<後援>
愛知県立芸術大学音楽学部同窓会


<協賛>
東海印刷株式会社
蝪錬藤藤稗達泥螢薀
名古屋オルガンの秋
メモリー株式会社


*頂いた協賛金は公演開催のための経費にのみ使用し、出演料等には一切使用いたしません。経費を除く協賛金の残金は、頂いた義援金とともに寄付いたします。


企画・制作>
中村ゆかり
http://yukarinakamura.jp

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~プログラム>

第1部

*ショパン作曲:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
ピアノ: 大瀧拓哉


大瀧拓哉プロフィール
1987年、新潟県長岡市出身。第10回中部ショパン学生ピアノコンクール大学生部門金賞、中日賞受賞。第8回ペトロフピアノコンクール大学・一般部門第2位。第3回野島稔・よこすかピアノコンクール第3位。マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽コンクール、メダル受賞。平成22年度愛知県立芸術大学優秀学生賞受賞。第20回大幸財団丹羽奨励生。2010年、愛知県立芸術大学ピアノ専攻を首席で卒業。桑原賞受賞。現在、同大学院音楽研究科2年在学中。これまでに内宮弘子、斉藤竜夫、松川儒、掛谷勇三、ヴァディム・サハロフの各氏に師事。
 
             



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*マルティーニ作曲:トッカータ ニ長調
*J.S.
バッハ作曲:《楽しき狩りこそ我が喜び》BWV208より<羊らは安らかに草を食み> 
 
トランペット:稲垣路子 オルガン:吉田文


稲垣路子プロフィール
愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。桑原賞受賞。卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会出演。
小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト校臆叩
2008年、第25回日本管打楽器コンクールトランペット部門第1位。2009年、第78回日本音楽コンクールトランペット部門第1位。岩谷賞、E.ナカミチ賞受賞。
竹本義明、津堅直弘、武内安幸の各氏に師事。ブラスアンサンブル・ロゼメンバー。現在、日本センチュリー交響楽団トランペット奏者。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*J.S.
バッハ作曲:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調BWV1001より フーガ
マリンバ:池永健二  
*E.セジュルネ作曲:デパーチャーズ  
マリンバ:池永健二、神谷紘実 




池永健二プロフィール 
http://ameblo.jp/from-gulliver/ 
愛知県立芸術大学卒業。同大学院修士課程修了。『第24回<東京の夏>音楽祭2008 フェスティバル・ガラ・コンサート』や、日本現代音楽協会主催『現代の音楽展2009』、『富士山河口湖音楽祭2010』等、数々の演奏会、音楽祭に出演。またNHK-FM『現代の音楽』に演奏が取り上げられ好評を得る。財団法人アリオン音楽財団2007年度<アリオン賞>奨励賞を受賞。これまでに、打楽器・マリンバを何森博子、今村三明、神谷百子、佐野恭一、深町浩司、池上英樹の各氏に師事。現在は山梨県河口湖に拠点を移し、大自然の中で日々勉強中。
オフィシャルブログ『だがっき と ぼく』  



神谷紘実プロフィール 
http://ameblo.jp/hiromi-marimba/
8KOBE国際音楽コンクール最優秀賞・神戸市長賞。第1回
SCPEF国際マリンバ
コンクール第1位。国内外の招待リサイタルやマスタークラス等で高い評価を得る。現在(株)こおろぎ社専属アーティスト。愛知県立芸術大学音楽学部器楽(マリンバ)科専攻卒業、テキサス州立ノーステキサス大学修了。これまでにマリンバを石田まり子、神谷百子、M.フォード、R.シエトロマ、C.ディーンの各氏に師事。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*中田喜直作曲:歌をください
ソプラノ:吉田珠代、ピアノ:盒響甬子

*フォーレ作曲:《レクイエム》より<ピエ・イエズ> 
ソプラノ:吉田珠代、
オルガン:吉田文

*ヘンデル作曲:オラトリオ《サムソン》より<輝ける熾天使たちよ>                                                   ソプラノ:吉田珠代、トランペット:稲垣路子、オルガン:吉田文


吉田珠代プロフィール
愛知県立芸大卒業及び同大学院修了。新国立劇場オペラ研修生とし3年間在籍。2006 年文化庁新進芸術家留学生としてイタリア・ボローニャに留学。仏・リムーザン音楽祭出演に続き、2010年「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・アンナ役で欧州オペラデビュー、「見事なオーラと歌唱で難役を演じ切った非の打ちどころのない歌手」と絶賛された。小澤征爾音楽塾「フィガロの結婚」では伯爵夫人カバーオーディションに合格。ローム財団からの助成を受けミュンヘンとウイーンに留学。



盒響甬子プロフィール 
http://saccopf.blog117.fc2.com/
愛知県立芸術大学卒業、同大学大学院修了。ピアノを丸田清恵、夏目芳徳、伊藤美江、北住淳の各氏に師事。ピアノソロのほか、伴奏者、アンサンブル共演者としても支持を集める。長野県長野市出身。
         
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~*R.シュトラウス作曲:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 変ホ長調作品18より第2、第3楽章
ヴァイオリン:服部芳子、ピアノ:掛川遼平


服部芳子プロフィール
東京藝術大学付属高校、同大学を経て同大学院修了。1968年ドイツ学術交流会奨学生としてハンブルク音楽大学に留学。1970年メンデルスゾーンコンクール弦楽四重奏部門第1位(ベルリン)、旧全西ドイツ音楽大学コンクール、ヴァイオリン部門第1位(ミュンへン)。1971年ヴァイオリン・デュオでイザイメダル受賞(ブリュッセル)。16年間のドイツ滞在中、オーケストラとの協演や、各地でのリサイタル等のソロ活動、また室内楽ではジャパン・ストリングトリオ、ボン弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。帰国後は愛知県立芸術大学において後進の指導に携わり、室内楽の分野においても多岐に亘る活動を行う。現在、岡山潔弦楽四重奏団メンバー。愛知県立芸術大学名誉教授。



掛川遼平プロフィール 
愛知県立芸術大学および同大学院に学ぶ。下村美夕貴、兼重直文、加藤美緒子、V・サハロフの各氏に師事。ピアノソロの活動の他、アンサンブルピアニストとしても活躍。愛知県を中心に幅広く音楽活動を行っている。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<第2部>


*ベートーヴェン作曲:交響曲第7番 イ長調作品92 全曲
指揮:角田鋼亮
愛知室内オーケストラ


角田鋼亮プロフィール http://kousuketsunoda.com

1980年名古屋市出身。東京芸術大学音楽学部指揮科、同大学大学院音楽研究指揮専攻修了。ベルリン音楽大学国家演奏家資格課程を最優秀の成績で修了。指揮を佐藤功太郎、松尾葉子、C・エーヴァルト、クルト・マズア各氏に師事した。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。国内外で多くのオーケストラを指揮する他、映画『のだめカンタービレ』での指揮指導、TV出演など多岐に渡り活躍している。
  
        



愛知室内オーケストラプロフィール http://a-shitsunai.com
2002年に愛知県立芸術大学出身の若手演奏家により結成された2管編成の室内オーケストラ。事務局運営を団員が兼任する自主運営によって活動しており、定期演奏会をはじめとした自主公演のほか、依頼公演、学校公演、室内楽コンサート、小編成アンサンブルでの出張演奏などの公演をおこなっている。最近では楽しい学校公演に一層の力を入れているほか、ファミリー向けのコンサートや、ワークショップとコンサートを1日でおこなうイベントにも多数出演している。また20102月には、マイスターミュージック社より磯部周平指揮のCD〈モーツァルト〜クラリネット協奏曲〉が全国発売され、雑誌『レコード芸術』などでも取りあげられた。これまでに共演した指揮者は工藤俊幸、山田和樹、角田鋼亮、高谷光信、フォルカー・レニッケ、川瀬賢太郎、松尾葉子など。高いクオリティを追求しながらも一番身近なオーケストラを目指している。  


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*J.S.
バッハ作曲:カンタータ第147番≪心と口と行いと生きざまもて≫BWV147より
6曲コラール    
コーラス:愛知県立芸術大学B.M.K.Chor


愛知県立芸術大学B.M.K.Chorプロフィール
愛知県立芸術大学J.S.Bach-Musikkapelleは、研究・演奏活動を通じて地元愛知県や地域社会へ文化的貢献を果たすことを目指し2002年に設立された音楽研究のための演奏団体で、国内外の音楽シーンで活躍する芸大教員と向学心溢れる学生有志、卒業生によるメンバーからなる。顧問は愛知県立芸大声楽専攻大下久見子教授、副顧問は声楽専攻末吉利行教授、器楽専攻・弦楽器福本泰之教授。2012年初夏に定期公演を開催予定。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*パブロ・カザルス編:鳥の歌 
チェロ:天野武子


天野武子プロフィール
東京藝術大学音楽学部卒業後同大学大学院修士課程修了。在学中に安宅賞受賞。東京アカデミカー・アンサンブルのメンバーとして「ルツェルン音楽祭」 「マントン音楽祭」「パリ音楽祭」「メニューイン音楽祭」等々音楽祭に招かれ、国内外でコンサートや放送を通じて活動。カリス弦楽トリオ及び弦楽四重奏団メンバーとして活動。愛・知・芸術のもり弦楽五重奏団メンバーとしても活動し2011CDをリリース。愛知県立芸術大学名誉教授
 
      

//////////////////////////////////////////////////////////////////////           

中村ゆかり(企画・製作/司会) http://yukarinakamura.jp

愛知県立芸術大学音楽学部卒、同大学院修士課程修了。京都市立芸術大学大学院音楽研究科博士課程音楽学専攻在学中。専門は音楽学(西洋音楽史)。宗次ホール、愛知県芸術劇場コンサートホール、びわ湖ホール等各地で歴史的かつ現代的視座からクラシック音楽文化振興を目指したコンサートを企画、好評を博す。これまでに、コンサート・ノートや新聞紙上等の執筆活動に加え、音楽講座演奏団体の運営や音楽を通じたアウトリーチ活動にも積極的に取り組むほか、NHKカルチャー、愛知大学、愛知県立芸術大学非常勤講師などを勤める。日本音楽学会、日本音楽知覚認知学会、関西楽理研究会各会員、愛知県芸J.S.Bach-Musikkapelleシニア・アドヴァイザー。 




なお、本公演は愛知芸術文化センターで行われる東北復興支援ウィーク内の事業として催されます。
同じく、愛知芸術文化センター内、愛知県美術館にて7月9日より開幕予定の
東北復興支援特別企画『棟方志功 祈りと旅』展において、
開幕記念のプレ・コンサートも行う予定です。
プレ・コンサートの内容につきましては、
こちらの記事

http://blog.yukarinakamura.jp/?eid=40
をご覧下さい。
こちらも豪華な出演者による公演です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Yukari Nakamura 中村ゆかり official website

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第9回 なごやウィメンズ・クラシック〜ピアニスト伊藤温子さん&田中百合子さん
    吉田沙緒里 (08/18)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    中村ゆかり (05/13)
  • ♫「Assembridge NAGOYA 2016」プレイベント開催のお知らせ♫
    カッチャン (03/20)
  • NHKナゴヤ ニューイヤーコンサート2015
    佐藤尚子 (02/05)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    中村ゆかり (01/29)
  • 2013年1月27日(日)愛知県美術館クリムト展コンサート
    matsu-hyou (01/28)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    中村ゆかり (10/15)
  • 2012年11月13日〜12月18日(応募締切9月26日) 世界に一歩踏み出そう 熱田生涯教育センター 市民講座のお知らせ 
    Papa (09/27)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    中村ゆかり (08/26)
  • 2012年8月31日(金) モーツァルト入門 四日市中日文化センター 特別講座のお知らせ
    Papa (08/26)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM